飼う前に注意すべきこと!! メキシカンレッドニー 飼育方法

こんばんは^^

 

生き物屋S.M.Gです。

今回は初めて紹介する種類になります!

それがタランチュラです!

掌と同じサイズの迫力を持ちながら、フワフワの体毛があり、カラフルで可愛いんです^^

f:id:selol:20210827213519j:plain

そんなタランチュラの中でも人気ナンバーワンのメキシカンレッドにを紹介していきます!

 

◆目次

 

☆メキシカンレッドニー

学名:Braghypelma hamorii

生息地:メキシコ

最適温度:25℃〜35℃

最適湿度:50%前後

市場価格:幼体5千円以上、成体数万円

レッグスパン(足を広げた全体のサイズ):20cm前後

f:id:selol:20210827202334j:plain

 ☝️メキシコ

 

生息地はディズニー映画リメンバー・ミーで有名なメキシコです。

オレンジとブラック色合いがとても魅力的で大きさも20cm前後とかなり見応えがあります。

 

人気も高いためお値段も少し高めになっています。

特にタランチュラは成長することで価値も上がるため成体は、かなり高額です。

幼体でもかなり飼いやすいので成体が高いと感じた方は、幼体がオススメです。

f:id:selol:20210827211624j:plain

☝️一年ほど育った幼体

 

暖かい国なので飼育するには10℃以上の飼育環境を整える必要があります。

また10℃は生存可能ギリギリの温度です。

消化能力が落ちるので餌の与える頻度には注意が必要です。

 

☆幼体の管理

数㎝の幼体は自分で狩りする能力が少し弱いので私はいつもミルワームを事前に絞めてからケースに入れてます。

f:id:selol:20210827212738j:plain

☝️ミルワーム(苦手な方はすみません)

 

ミルワームはホームセンターで入手可能

ミルワームを半分に切るとよく食べる

・5㎝くらいになったら、生き餌を入れていい

私は、大体5cm位になったらデュビアの幼体を生きたまま入れて食べるのを確認してから、切り替えてます。

 

また幼体時の脱皮は一定の確率で失敗してそのまま亡くなることもあるため、私が脱皮が失敗しないように湿度を高めに設定しています。

・湿度60%ぐらいがオススメ

・乾燥にも強いその環境はオススメしない

脱皮のことを考えると成体も幼体もある程度湿度も保った方が失敗が少ないです。

 

☆オススメポイント

この種は、温度の管理以外はとても育てやすいのです。

・餌切れにも強く(半年拒食の場合もある)

・おとなしい(刺激しすぎると咬まれたり、刺激毛を飛ばされます)

・毒性が弱い(これはほとんどのタランチュラに言えることです)

・多湿にも乾燥にも強い

以上のように初心者が飼いやすい条件がほとんど揃っている優秀なタランチュラなのです。

餌への食いつきもいいので与えるこちらも嬉しいです^^

f:id:selol:20210827204527j:plain

 

☆拒食

タランチュラに関してはほとんど拒食をしません!

もしその時に食べなかったとしても、ただ脱皮前後や満腹の可能性が高いので1週間後にもう一度与えてみると食べてくれる時が多いです。

この種は、半年食べなくても全然大丈夫なので焦らないことが大切です。

むしろ餌の与えすぎで消化が間に合わなくなり、餌がお腹の中で腐って亡くなったケースの方が多いですので冷静に観察するのがコツです^^

f:id:selol:20210827213203j:plain

ただし幼体は、成長をするために栄養を必要としますので食べる分だけ与えた方がいいです。

成体に成長するまで2年前後はかかります。

 

☆注意点(ここは必ず飼う前に呼んでください)

以下のことは絶対にやらないでください!

・指で突いたり

・ハンドリング(手に乗せる行為)

f:id:selol:20210827204932j:plain

☝️ハンドリング

初心者によくある勘違いですが大人しいからといって手で直接触ったり、乗せるような行為(ハンドリング)は怪我に繋がるのでやめましょう!!

 

毒性は弱くても鋭い牙がありますので咬まれると普通に出血しますし、毒がありますので晴れたりすることもあります。

また私が飼育していて一番怖いのは、刺激毛を飛ばされることです。

刺激毛が皮膚に刺さるとかなりの痒みとそこそこの痛みが数時間続きます!!

(私はケース交換の際に飛ばされ、数時間苦しみました)

 

これには個人差があるみたいでほとんど何も感じない人もいるみたいです。

また実際に起きたことですが目の網膜に刺激毛が刺さり失明した方もいたようです。

 

こういった危険性があることを事前に理解して、覚悟と責任を持って飼育にチャレンジしてみてください!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございます!!

明日も1日頑張りましょう!!

 

生き物屋 S.M.G

 

f:id:selol:20210825215912j:plain